容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

トリプルボンバー馬券術 村尾 昌彦

  1. 2011/04/11(月) 14:57:19|
  2. トリプルボンバー馬券術|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
トリプルボンバー馬券術

トリプルボンバー馬券術



下記より購入し簡単な感想を送るだけで最大5800円還元されます!

トリプルボンバー馬券術





今回はお客様の声に耳を傾けた結果、
今までと同様にはいかない事が判明しています。

つまり、新商品をリリースするたびに、ノウハウの精度を更新しつづけるというスタンスでは
お客様の最も大きいニーズに応えられなくなってきたのです。

ただ、それも理解できます。

ノウハウ考案者であるわたしが客観的に見ても的中率の面で見れば、
前作の「ボルトアクション馬券術」が1つの答えとなっております。

トリプルボンバー馬券術

前作「ボルトアクション馬券術」の実績
的中率62% 回収率120%

もっと高い的中率を謳っているページは数多くあるかもしれません。
しかし、それらに「儲かっている結果」が伴っているかと言うといささか疑問です。
単に的中率を上げたいだけならば極論、馬連や3連複で
100点以上の買い目を購入すれば良いだけです。

トリプルボンバー馬券術

ただ、そんな手法で強引に釣りあげた的中率に何の価値があるでしょうか?
常識的に考えて、高い的中率を誇ったとしても損失ばかりが膨らんで行きます。

その点、ボルトアクション馬券術は的中率と回収率のバランスをしっかり取り、
プラス収支を達成した上で的中率62%という驚異的な数字を実現しました。

だからこそ高く評価されたのだと思います。

しかし、本作は“更に”フォーカスポイントが今までとはまったく異なります。

今までは良くも悪くも的中率、回収率を集中して追求し、
ストレスなく競馬を楽しみながら且つ儲けを積み上げて頂いていましたが、

今回は率直に言うと冒頭でもお伝えしたとおり、
シビアかつダイレクトに回収金額を押し上げる手段を
ご提供するのがわたしの役目だと理解しています。

トリプルボンバー馬券術

勿論存じております。平たく言うとこういう事です。

「データを検証、解析し、万馬券を含む高額配当馬券をリズム良く的中させていく。」

根拠と裏付けがなければ恐れ多くて口にも出せないような事を
わたしが平然と言い放っている理由は・・・

そうです。「根拠」と「裏付け」がトリプルボンバー馬券術には完璧に備わっております。
その内容について早速お話していきましょう。

トリプルボンバー馬券術

まず、今回の馬券術で狙う馬券種は3連複馬券です。

3連複はレースの性質にあった買い目を効率よくあぶり出す事で、
人気馬が絡んでも高額配当馬券を演出させてくれる頼もしい馬券ですが、

非効率なレース選択と買い方がブレると買い目点数ばかり増えてしまって、的中率の降下と
それに伴う回収もできず、極めて非効率な馬券種となってしまいます。

今回のロジックの軸馬は人気薄馬の馬は採用しておりません。

コンピ1位、2位、3位の軸馬に限定し紐馬を絞り込み
的中率を高められるよう工夫をしました。

更にここからがもっとも重要な「肝」となる部分です。

再現性を高めるために、今回の馬券術では
過去、プラスに収束した買い目だけを採用しておりません。

マイナス収支に収束している的中率の低い買い目も積極的に採用しました。
こうする事で過去的中しなかった分将来、的中確率がグンと上がるんです。

いわゆる確率馬券の応用です。

トリプルボンバー馬券術

例えば過去年間通して1番人気の勝率はだいたい30数%程度。

それが、仮に5%/日だったとしたら次回以降、
30数%以上の高確率で出現する訳です。そこを狙います。

そうやって上下しながら長期期間での出現確率は
大きくブレることなく、一定の数値に収束して行きます。

今回はこの法則のみを狙った馬券術では御座いませんが
トリプルボンバー馬券術の核として頻繁に導入しております。

その結果、冒頭でも一部、画像をご覧頂いたように
圧巻の精度でズバズバと的中させてくれました。

無料競馬予想
 
【8月度の実績】

万馬券6本。

7000円台2本。

6000円台1本・・・

このロジックが完成してからもいろいろな角度から、
買い目を減らす検証作業を重ね、その末に完成したのが
本作「トリプルボンバー馬券術」なのです。





重賞予想配信サービス「笑う穴馬」

極楽マイニングタイム合計必勝法

オッズインパクト

DTIブログって?